九州のお取り寄せダイニングちかっぱ【六本木】

chi-a.jpg ch-b.jpg
九州のいろいろな食べ物が楽しめるお店に行って来ました。
ちかっぱ六本木店。ちなみにちかっぱとは「力いっぱい」という意味です。
ch-0a.jpg ch-0b.jpg
炙り鶏皮のゆずマリネ。そうそう、あちらでお通しによく出る酢モツのような感じ。
野菜はかなりたっぷりです。
ch-02.jpg
レバ刺は熊本産赤牛のもの。別名草牛というそうですが、全く臭みなし。
食べやす過ぎるくらい! 香りよいごま油、生姜xニンニクでいただきます。
ch-02b.jpg
わ、芋焼酎ください~。
chi-s.jpg
飲み物は芋以外の焼酎や日本酒、場所柄?ワインや梅酒など何でもあり。
ch-01.jpg
産直野菜も鮮やかです。ホワイトゴーヤ、茶色い皮の赤瓜など面白いものも。
対馬の藻塩とチーズディップ、もろみをつけて。
chi-03.jpg
続いて馬刺し!冷凍ではなく阿蘇のうぶやま村からチルドで直送。
特に真っ白なたてがみが甘みがあって美味しかったです。
九州らしい甘めのお醤油で。
ch-04.jpg
とり天!あ、これは久しぶりです。大分名物ですね。
やわらかい鶏むね肉をかぼす醤油で。
「かぼすこ」!?という辛いかぼす調味料、はじめて見ました。
ch-05.jpg
お次はメインの鍋の内の1つ、肥皇豚のつゆしゃぶです。
この豚肉は何段階も厳正審査をクリアして出荷される熊本のプレミアムポーク。
かなり脂がのってますね。
アゴと鰹の効いた出汁でいただくお鍋、ぽん酢やたれ無しは初めてかも。
ch-06.jpg
出汁が沸いたところでさっとしゃぶしゃぶ、たっぷりの野菜と豆腐も入ります。
ch-07a.jpg ch-07b.jpg
豚肉は出汁と一緒に、好みで柚子胡椒をつけて。
ch-08.jpg
お肉もですがこのスープが美味しいです。
元々濃いアゴ出汁にどんどんお肉と野菜の甘みが加わります。
ちなみにちかっぱは新宿店もあり、そこではこの肥皇豚を蒸篭しゃぶでいただけるそうです。
ここにうどんでも入れたらもう十分な感じですが…もう1種類鍋があるので。
ch-09.jpg
大量の葱と胡麻、赤柚子胡椒が。
ch-10.jpg
はかた炊き餃子!!え?スープ餃子くらいはこの前中州で食べたけど炊きは知りません。
どうやら大名あたりで流行っているとか…。
ch-11.jpg
真っ白な白濁スープははかた地鶏ベース、一割程度がとんこつだそう。
博多にしては餃子は食べ応えありの大きさともっちり感のある皮。
煮込んでも崩れないようにしてあるんですね。
ch-12a.jpg ch-12b.jpg
結構濃厚でこちらもスープごとなので、お腹膨れてきます。
更に!九州の細麺を投入、〆ラーメンです。葱たっぷりで。
まぁ普段は鍋2種類も食べないと思うので(笑)大丈夫でしょう。
ch-13.jpg
デザートは梅ヶ枝餅!と西通りプリン。
梅ヶ枝餅は大宰府で売っている餡入りの焼き餅です、懐かしい~。
ch-14a.jpg ch-14b.jpg
今回は王道メニューばかりいただきましたが、鰯明太や辛子蓮根などのつまみで
飲むのもよろしいかと。
もつ鍋は新宿店ですね、あと胡麻鯖も出して欲しいですねー。
とにかく広域で「九州」という括りはありそうで無いかもしれません。
福岡だけでなく、熊本も大分も長崎も、という気分の時便利な1軒です。
誘っていただいたくにさんのブログもどうぞ、さすが写真きれい!
ちかっぱ 六本木/くにろく 東京食べある記
ちかっぱ<新宿・銀座>
楽天でお取り寄せショップもやってますね。
http://www.rakuten.co.jp/chikappa/
ぴかぴか(新しい)九州のお取り寄せダイニング ちかっぱ 六本木 地図・クーポン

ちかっぱ 六本木郷土料理 / 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ

Share on facebook
Share on twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

自己紹介
ema1911g-400

油売りエマ
美味しいものと美しいものが好き。
昔は美術品、今は油売ってます。
金田油店アドバイザー/油セミナー/ファスティング指導など
Instagram

さらに詳しく

油屋ごはん本になりました