出雲の釜揚げそば/神代そば

kmag.jpg

釜揚げそばってご存知ですか?

釜揚げうどんはありますよね。その食べ方とも別物なんです。

茹でた蕎麦がその蕎麦湯と一緒に丼に盛られてきて、そこに麺つゆを

加えながら!食べるんです。

これは島根県出雲地方の独特の食べ方のようです。

出雲蕎麦の冷たいのは割子蕎麦といって、小さな容器に三段など

重なってくるのですが、これもつゆに麺をつけるのではなくかけて

食べるスタイル。薬味も山葵ではなく紅葉おろしがついたりします。

前回出雲に行った時は、この割子そばを楽しみましたが、今回は釜揚げをいただきました。

松江の神代そばは、最初から薄めにつゆも入ってます。

まずは一口、?薄いのでつゆを足します。

十割の蕎麦はたっぷりで熱々、蕎麦湯効果もあって最後まで冷めません。

薬味は葱、海苔、鰹節。

鰹とかえしの効いた濃い関東風蕎麦とは全く別物で、最初は正直うへ~?と

なりましたが、食べ進むとなるほどこれはお粥的な感じなんです。

とろりとした汁、風味よい蕎麦、熱々で温まる。

飲んだ後、飲みすぎた翌日、寒い日、風邪気味の時なんかにぴったり

やさしい滋養食といった雰囲気。

おもしろいですね。

出雲の人たちと話していたら、「え?釜揚げってみんなしないの?」と

言われてびっくりでした。

家庭でも作りやすいかもしれませんね、でもいい手打ち蕎麦じゃないと

とろりとしないし美味しくないかな。

友人は風邪の時なんかに麺を洗わず鍋一つですぐ出来て、生姜など

入れると温まっていいと言ってました、確かに!

釜揚げそば、見つけたら食べてみてください。

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ

Share on facebook
Share on twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自己紹介
ema1911g-400

油売りエマ
美味しいものと美しいものが好き。
昔は美術品、今は油売ってます。
金田油店アドバイザー/油セミナー/ファスティング指導など
Instagram

さらに詳しく

油屋ごはん本になりました