鴨のコンフィと蕎麦粉のニョッキ

kc-1.jpg
サンプルでいただいた鴨脂。(瓶のはグースファット)
鴨もも肉をコンフィにしましょう。
鴨はしっかり塩を振って1日~2日置いておきます。
ここで味が決まります、お好みでニンニクはハーブも漬けて。
kc-2.jpg
あとは脂で煮るだけ。80度に温めた油に鴨を沈めます。
ローリエとタイムも加えました。
オーブンは100度設定までしかなかったので、ガスで。
温度設定できる電磁調理器とかだと楽かもしれません。
油だけに温度が上がりやすいので、こまめに火を点けたり消したり。
80度過ぎると鳴るアラーム温度計が便利です。
そのまま2時間、串がすっと通ればOKです。
近所のビストロのご主人はパスタの乾麺が折れずに刺さるまで3時間くらい
やると言っていました。
kc-8.jpg
コンフィは保存食ですから、脂の中でこのまま保存できます。
ふふふ、これでパーティーも夜のちょっぴり贅沢ごはんも楽々。
kc-4.jpg
脂の下には鴨の旨みの塊ジュができてますので、とっておきましょう。
kc-6.jpg
鴨の脂で焼いたポテトにジュを絡めて!付け合せに。
kc-7a.jpg kc-7b.jpg
鴨はオーブンで温めるか、皮目をフライパンでカリっと焼いて出します。
kc-n2.jpg kc-n1.jpg
付け合せはポテトやパプリカ、ズッキーニなどの野菜や簡単ニョッキもおすすめ。
じゃが芋をレンジで柔らかくして潰し、蕎麦粉をばさっと。
塩一つまみと湯を加えながら耳たぶくらいに捏ね、切って潰して茹でるだけ。
鴨脂でソテー、バジルペーストを少し絡めました。
kc-5.jpg
鴨の余計な脂が脂に溶け出すので、お肉はしっとりジューシー。
芳ばしい香りと適度な歯応え。満足の味です。
重過ぎない赤ワインと。
kc-9.jpg
3時間だともっと柔らかくほろっとするでしょうか。
次回やってみます。
使ったオイル:鴨脂
レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ
abura-p_bn.jpg

Share on facebook
Share on twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自己紹介
ema1911g-400

油売りエマ
美味しいものと美しいものが好き。
昔は美術品、今は油売ってます。
金田油店アドバイザー/油セミナー/ファスティング指導など
Instagram

さらに詳しく

油屋ごはん本になりました