手羽先のトマトレモンタジン

うちのタジン1号はモロッコから来たシンプルな陶製。
素朴でかわいいけど、使う前に水に浸す、レンジ不可など制限あり。
tg5s.jpg
フランスのメーカー、エミール・アンリもいいけどサイズと色がねぇと
思っていたら、先日銀座のインテリアショップで新発売の紫のSサイズを発見!
かわいいじゃないのー。しかも、レンジ、オーブンOK!
ネットで検索して安く買えました。
と言うわけで2号さん(汗)いや2台目のデビューです。
tct1.jpg tct2.jpg
手羽先と先日漬けた(と言っても1ヵ月も経ってないけど)塩漬けレモン
と思ったけど、使ってしまいたい半端なトマトソースがあったので手羽先は
塩を振って一晩それに漬けておきました。
タジンにオリーブオイルを注ぎニンニクスライスを入れ温めて、手羽先
の皮目にこんがり焼き色をつけたら一度取り出します。
野菜は何でも。今日は黄色パプリカとエリンギ、じゃが芋を油を足しながら炒め、
あ、ハリッサ(辛いペースト)もあったので加えました。
チキンを上に並べ、塩漬けレモンは2分の1個分を串切りにしてのせ、
そのレモン塩水と白ワインをほんの小匙2程度回しかけ蓋をして弱火でコトコト。
ここでレンジで5分、でも作れちゃうのが楽かも。
でもパン焼いて、ワイン開けて、ハーブを刻んでテーブルセッティングして…
とかしてたら15分、あっという間に出来上がりです。
tct3.jpg
ラブリー♪
tct4.jpg
いーい感じです。
tct5.jpg
手羽先ほろほろ、炒めるだけじゃしんなりしないパプリカも見事にとろとろ。
トマトとレモンの酸味、ハリッサのピリ辛感がナイス。
そしてこの塩漬けレモン、威力あります。
ほんの1、2mmをカットしながらチキンと一緒に食べると、ふわっとレモンの
香りと塩気がちょうどいい、まさにレモン塩という調味料。
アンチョビや塩辛を塩代わりに使うのと同様に使えます。柑橘塩。
追加で漬けないと足りなくなりそう。
チキンと野菜の旨みがあわさったトマトソースはパンにつけて、最高。
tct6.jpg tct7.jpg
ちなみに骨でコトコト蓋をして出汁を取り、炊いたご飯を入れ卵を落として雑炊に!
このタジンは深さもあるので作りやすいです。
クスクスでもいいですね。と言うわけでタジン大活躍です。
2台あると1つはチキンか羊、もう1つはお魚や豆、と2種類楽しめて
パーティーにも嬉しいのです。
タジンにはモロッコのオリーブオイルをどうぞ:ナフィサ オリーブ油デュース
レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自己紹介
ema1911g-400

油売りエマ
美味しいものと美しいものが好き。
昔は美術品、今は油売ってます。
金田油店アドバイザー/油セミナー/ファスティング指導など
Instagram

さらに詳しく

油屋ごはん本になりました