家飲みはとりあえずピクルスから

いつもという訳ではないのですが、今はピクルスが充実しています。

これと冷凍庫にリエットとベシャメルの元でもあれば…

突然友達が来たりしても楽!

pc00.jpg

この細い人参を見た瞬間、縦にぎっしり瓶に詰めてピクルスにしたい願望が…。

家中のお酢を出してみました。

ピクルス液はいつも試行錯誤、作るたびに入れるスパイスも違います。

素材によって、ピクルス液をしっかり冷まして入れるものや、

下茹でしてから使うなど…ちょっと考えた方がいいですね。

人参も、小さめにおろせばそのままでもいいし、大きいなら下茹で…

今回は細めなので生のまま、塩を振って少し水気を出した大根と一緒に瓶に詰め、

熱々のピクルス液を注ぎました。

(目分量なので、途中足りなくてまたお酢を追加)

他、ゆで卵とセロリはカレーピクルスに。

大きなラディッシュとしめじはレモンを加えたピクルスに。

この2種類は火を入れ冷ましたピクルス液を注ぎます。

pc01.jpg

ざっくりですがお酢+お酢の6割程度の水+甘み+塩をベースにしました。

お酢はフランスのシードルビネガー、大きなラディッシュは赤ワインビネガーを使用。

甘みはきび砂糖や蜂蜜。

スパイスはクローブ、鷹の爪、マスタードシード、ローリエ、胡椒、キャラウェイなど

を素材の雰囲気にあわせて。

最初にスパイスをちょっと炒ってからお酢とあわせました。

茹で卵のカレーピクルスは子供の頃から実家の定番で、しゃっきり茹でた

じゃがいもやカリフラワーとあわせても美味しいです。

ピクルス液にカレー粉を溶くだけ。黒胡椒も粒のままたっぷり。

ラディッシュとしめじにはカルダモン(粉)を多めに加えたら

爽やかで美味しかったです。人参にはクミンもいいかも。

pc02a.jpg pc02b.jpg

泡を開けたら、この辺を瓶から出して盛り付け…。

ぼりぼりしてても野菜だしヘルシー♪

鯵のリエットを冷凍庫から出して解凍、クラッカーか薄切りパン、サワー

クリームと一緒に出して…。

pc03.jpg

卵のピクルスは切って、黄身にもピクルス液をかけると美味。

ロマネスコ(カリフラワー)は後日追加しました。

面倒だけど鶉の卵で作ると、ぽこぽこ食べちゃいます…。

あとオリーブなんかも出して、つまみながら飲みながら…。

冷凍庫のソーセージと冷蔵庫の野菜をオリーブオイルとスパイスと一緒に

タジン鍋に放置。(今回は蕪とロマネスコ)

かぼちゃやじゃが芋などがあればスライスしてオリーブオイルとチーズを

かけてオーブンへ入れ簡単チーズ焼きに。

(レンジ後トースターでも早いです)

その間に硬めに作って冷凍してあるベシャメルソースを解凍して牛乳

(なければブイヨンでも)で伸ばして…。

切ってレンジでしんなりさせた白菜をオリーブオイルでさっと炒めあわせて

即席ホワイトソース煮に。

バターリッチなソースも美味しいし、あっさり仕上げたい時はノンローストの

アルガンオイルで作るのもおすすめ

これ生ハムでもあれば一緒に食べると美味しいです。

in01.jpg

そうこうしてるとタジンも出来るので、キッチン飲みからテーブルへ移動(笑

in00.jpg

自分も飲みながら、家にあるもので簡単に作れるおつまみと、常備品の活用法でした。

あとは、お腹空いたら?パスタでも作ればOK。

ツナや鯖缶、牡蠣や野菜のオイル漬けなども重宝ですね。

野菜とあわせてサラダにしたり、卵でオムレツにしたり…。

そうして作りすぎるのですが(汗

使ったオイル:EXVオリーブオイル各種

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ

Share on facebook
Share on twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自己紹介
ema1911g-400

油売りエマ
美味しいものと美しいものが好き。
昔は美術品、今は油売ってます。
金田油店アドバイザー/油セミナー/ファスティング指導など
Instagram

さらに詳しく

油屋ごはん本になりました