海老と苺のマリネ/ズッキーニと魚のロール蒸し

hrp01.JPG
先日、特にテーマを決めず1本&1品持ち寄りでやったゆるい家呑み模様です。
テーブルは何となく赤っぽくなり、バレンタイン付近の女子会の雰囲気にぴったり…。
飲む前に飲む!?絹もずく酢にはポン酢とわさびオイルを数滴。
hrp04.JPG
春にぴったりのラブリーな前菜「海老と苺のマリネ」をご紹介します。
お刺身で美味しく食べられる海老の殻を剥き、背ワタを取り塩水で洗って水気を
きっちり拭きます。一口大にスライスします。
今回は赤エビを使いました。10尾の頭で作った海老味噌汁がまた絶品!
天使の海老やまぁ甘エビでもいいかも。
白いのは独活(ウド)です。
新鮮なものを5mm角くらいに刻んでください。皮は剥いてきんぴらにでも。
切ったらすぐレモン汁など振っておくといいです。
苺はもう少し大きめに切ります。
バットに全部入れたら、甘酸っぱいピクルス味を目指して調味料を…(笑)。
えー塩、レモン汁、ワインビネガー、チェリーバルサミコを使いましたかね。
苺の甘さもあるので少し甘めの酢を足すくらいでいいかも。
ここで!オイルですが、気分で何通りかおすすめがあります。
1、軽やかなEXVオリーブオイル 間違いない美味しさ → 黒胡椒もお好みで
2、山椒香味油(完熟)→ 大人っぽい和の辛さがいい!
3、インカインチオイル → 青っぽい爽やかさ&オメガ3xビタミンE
オイルを代えると印象が違いますよ~。
ウドは入れた方が美味しいです。無かったり、嫌いだったりしたら…せめてセロリか
フェンネル(余計ないかw)でも!
あ、仕上げに紫キャベツスプラウトを散らしました。
お客様が到着する1、2時間前頃仕込んで冷蔵庫に入れておくといいです。
海老と苺の白和えも美味しいと思います(想像)。
hrp02.JPG
最初シュウマイを作ろうと思って、でワインに合うように鶏肉で作ろうと思って、
皮じゃなくて野菜にしようかとズッキーニを思い浮かべたら白身魚にしちゃえと
思ってこうなりました。
ピーラーで剥いたズッキーニに、刺身用白身魚(鯛とかヒラマサ、スズキ)と塩、
卵白、片栗粉、フレッシュディルをフープロにかけたのを塗って巻いて蒸すだけ。
レモンをしぼっていただくのもおすすめ。
hrp03.JPG
これはゴボウとアーモンドのディップです。
ローズマリーとニンニクと炒めた新ゴボウとアーモンドをたっぷりめのオイル、
水少々とフープロへ。
割と噛み締めるタイプのディップでちょっと硬かったかな?と思いましたが好評でした。
ふわっとさせたければひよこ豆などを混ぜるか、もっと柔らかくゴボウを蒸し煮してください。
オイルはピーナッツオイルピスタチオオイルをブレンド。アルガンオイルもいいかも。
仕上げにかけたのは、オーガニックキヌアです。蒸してあるパックで便利です。

hrp05a.JPG hrp05d.JPG
hrp05b.JPG hrp05c.JPG
料理上手な皆様のお持ちより品も素敵過ぎ!!
美味しいチーズにお花のノンシュガージャム、スパイスから自家製のサテ、
野菜の酒粕グラタンに牡蠣とほうれん草のペンネグラタン、貝の炊いたの、
ロールスという鯖ポテロールフライにスパイスたっぷりのスリランカプリン「ワタラッパン」。
例のごとく昼から暗くなるまで泡、泡、白、赤と飲み、話し、食べ、笑いました。
次はお花見会かな?今年もいろいろ理由をつけてゆる飲み会をしたいと思います。
使ったオイル:いろいろ
レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ

Share on facebook
Share on twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

自己紹介
ema1911g-400

油売りエマ
美味しいものと美しいものが好き。
昔は美術品、今は油売ってます。
金田油店アドバイザー/油セミナー/ファスティング指導など
Instagram

さらに詳しく

油屋ごはん本になりました