セルバチコと半生ささみの香り漬け

セルバチコ
デパ地下でセルバチコなるものを発見。
ワイルドルッコラの別名の通り、葉は濃いルッコラのような、
タンポポのような感じ。
一口齧れば「ほろ苦い」を通り越した強烈な苦味と辛味!
熱湯に一つまみの塩とサラダオイルを数滴加え30秒くらい茹で、
冷水に取り水気を絞ります。
根の方から食べてみると、結構筋っぽいところが多いです。
食べられるところギリギリで切り落とし短めにざく切りに。
野性味のある濃い味で美味。
新鮮な鶏ささみは筋を取り除き、同じ沸騰した湯に15秒くらい
潜らせ氷水に取ります。(1切れずつだとうまくいくはず)
冷えたら水気をよく拭いて削ぎ切りに。きれいなピンク色の半生状態に。
さっと鶏ワサでもいいんですが、今日はタレに漬け込み味を馴染ませます。
セロリのすりおろし大匙2にレモンオリーブ油大匙2、
塩・麺つゆか白醤油少々にレモン汁を搾って。
セルバチコも一緒に漬けてから、「あ酸で色変わるかなぁ」と思ったら
一晩冷蔵庫に入れても平気でした。(油のコーティング効果?!)
しっかりレモンオリーブとセロリの香り、味がしみ込んで、爽やかな冷菜になりました。
セルバチコを少し生で取っておいて最後に加えてもよかったです。
次はビターで辛いサラダに挑戦しましょう。
使ったオイル:レモンの香り広がるオリーブ油
lemone180.jpg
レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自己紹介
ema1911g-400

油売りエマ
美味しいものと美しいものが好き。
昔は美術品、今は油売ってます。
金田油店アドバイザー/油セミナー/ファスティング指導など
Instagram

さらに詳しく

油屋ごはん本になりました