うるいと行者にんにくの天ぷら

うるい 行者にんにく
うるい行者にんにくを発見。
どちらもユリ科。百合根、金針菜に続きユリに縁があります。
生けたくなるような美しさ。おひたしか、味噌漬けか、浅漬けか…。
いいえ、ここは新しい油をあけて天ぷらでしょう。 
薄衣で高温でカラリと揚げて塩でいただきます。ご馳走です!
サックサクで香ばしく軽くて美味しい、行者にんにくも強烈な臭いが薄れ食べやすいです。
長い食材なのでフライパンに3、4cmの油で十分。
焦らず少量ずつ揚げれば温度が下がらずうまくできますよ。
揚げ終わった油は熱い内に天かすを取り、冷めたら密閉容器に移せばまた使えますよ。
うるいと行者にんにくの天ぷら
甘くて柔らかい新牛蒡と金時人参は低温から揚げて最後に高温で。
なんかもう春の訪れです…。
ごぼう天ぷら
参考:春の山菜、野菜の苦味を味わおう@野菜もぐもぐ
使ったオイル:五味一体 特別の油 寿(植物油5種類のブレンド油)
レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自己紹介
ema1911g-400

油売りエマ
美味しいものと美しいものが好き。
昔は美術品、今は油売ってます。
金田油店アドバイザー/油セミナー/ファスティング指導など
Instagram

さらに詳しく

油屋ごはん本になりました