鴨の里の会 真鴨すき

何度も書いてますがえぇ鴨が好きなんです。
大晦日も蕎麦屋の鴨焼きをいただき、元旦もみちさんの鴨ロースをいただき、
その後は北琵琶湖、西浅井から産直で取り寄せた真鴨で鴨すき!でございます。
鴨の里の会
http://www.zb.ztv.ne.jp/magamo/home.html
ちょっと初回頼むところで産直、しかも指定日年末だと心配だったのですが、
大丈夫でした。
ks1.jpg
大晦日にクールで受け取りました。
発泡スチロールの中に鴨の包装紙で包まれた箱が。
ks2.jpg
箱にも鴨の絵と写真、そして琵琶湖のここからよーと一目で分かる地図。
素晴らしい!こういうのって素敵。
ks3.jpg
箱書きもきっちり主張!真鴨ですものね。
ks4.jpg
中身も確認、きれいです。木の葉型に成形されたたたき肉、むね、もも、
砂肝にハツまで。このまま冷蔵庫で解凍します。
ks5.jpg
ちなみにこちらは半羽セット。ご贈答にもよさそうです。
http://magamo.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=665943&csid=0
さて鴨すきです。
真鴨なので濃い目の野菜とちょっと濃い目ダレで赤ワインにも合う味にしました。
しゃぶしゃぶならもっと薄切りの合鴨ロースなどでもいいし。
ksn1.jpg
元旦、つまんで飲んでお節食べてお雑煮の後です…。
酔っ払っていて仕事も雑だけどピントもあっておりません(汗
ksn-a.jpg ksn-b.jpg
昆布x鰹出汁に砂糖、味醂、酒、醤油のベース。
骨ごとたたいた鴨ミンチを最初に入れるとどんどん味が出ます。
野菜は色の濃いものを準備。
葱2種類、芹、貝割れ、クレソン、菜花、あと生麩。
オプションでつける胡桃ダレもゴリゴリ。
何入れたかあんまり覚えてないです…京都に行った友人にお願いして
買ってきていただいた「ぢんとら」の粉山椒をたっぷり入れました。
これ、香り高くて大好きなんです。
ksn2.jpg
さ、沸いたらさっと火を通して食べるだけ!
とにかく鴨は火を通しすぎたら硬くなって美味しくないのです。
なのでしゃぶっとしたらパクッと。う、程よく煮えた画像皆無です(笑
ksn-3.jpg
鴨の味は時期や処理の仕方にもよるでしょうけどとてもバランスが良いように思いました。
もちろん脂はしっかりのっています。
真鴨はもっと血の味が濃厚なものなども食べましたがこれはそんなに癖を
感じさせません。ジビエが苦手な方にはむしろ食べやすいかも。
鴨参考:
鴨の下処理で一番重要なこと@ジビエ料理&ハンティングのシェフブログ
鴨とアヒルの違い
ksn-4.jpg
鴨出汁がしみた葱がまた絶品!青い野菜も結構とれます。
牛蒡もあいますね。
21-s4.jpg
赤は品よくスパイシー、あらっちのとこのビオ(シーザーワインカンパニー)。
しかし3人なのに、一体何本め…(汗
ksn-5.jpg
お腹いっぱいでしょ、でもこの稲庭っぽい細さのうどんがつるつるっと
美味しいんですよ。
お取り寄せしときました。以前友人のお土産で美味しかった半生手延べ麺です。
すぎのき亭の細うどん
http://item.rakuten.co.jp/suginoki/c/0000000172/
なが~い麺を切りながら茹でます。
喉越しはつるっと、そしてしっとりしたコシと弾力があって美味しい。
ksn-6.jpg
と言うわけで今日はお取り寄せ情報いろいろでした。
元旦報告も終わりです。
明日は大晦日報告に戻るか、お正月の残りもの消費にするか…
まだ決めてないですけど。
そろそろ、油使わないと(笑
そして今週性懲りもなく鴨会があるのでした…。
レストランレシピブログランキングへ  ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ

Share on facebook
Share on twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

自己紹介
ema1911g-400

油売りエマ
美味しいものと美しいものが好き。
昔は美術品、今は油売ってます。
金田油店アドバイザー/油セミナー/ファスティング指導など
Instagram

さらに詳しく

油屋ごはん本になりました