ガスコンロでそら豆キッシュ

kc06.jpg
鉄鍋で、キッシュもどきです。
パイシート、卵と生クリーム、ベーコン、玉葱があるので…キッシュ!
と思ったのですが、自分だけのお楽しみで長時間電気オーブンを使うわけには…
何とかガスで出来ないものかと実験です。
熱伝導のいい鉄の小鍋を使うことにしました。
タルト生地の方がうまく焼けるかもしれません、パイは一気に高熱で焼かないと、
多分層が膨らまないんですよね。
なんだったら具の上にパイを被せてもいいかと思ったのですが、
それならシチューとかポテトxミンチとかがいいかも。
kc0b.jpg kc0a.jpg
とにかく薄くのばしたパイ生地にフォークで穴を開け焼きました。
小さなシートなのであら、ふちまで届かず(笑
一回り小さい鉄鍋を温めて内側に入れてみようかと思いましたが、
面倒なので止めました。一度引っくり返してこんがり。予想よりいい感じ。
ここは強めの火で、でも焦げに気をつけながら焼きます。
具はベーコン、玉葱、加熱して皮を剥いたそら豆。
軽く炒めて、塩、胡椒しておきます。
卵に生クリーム、牛乳を混ぜ(また分量ざっくりで…)軽く塩、そしてチーズ。
ベーコンと玉葱のシンプルなキッシュロレーヌは、ナツメグが定番かも
しれませんが、そら豆なのでエルヴドプロヴァンスにしてみました。
kc01.jpg
パイの上に具、そして中身を注ぎ蓋をして弱めの火でじっくり蒸し焼き。
(側面はオイルを塗って焦げ付き防止)
どうですこの「今キッシュ焼いてるの」にしては渋すぎる画像(笑
まるで…どぜう鍋を作っているようです。
kc02a.jpg kc03.jpg
竹串を刺して確認しながら、下のグリルの上火に移して仕上げ。
焦げそうになったらアルミホイルを被せてじっくり。
真ん中あたりがちょっとゆるいけど、待ちきれず…。
kc04.jpg
うーん、熱々でいただくと底のパイもカリっとしていて、味は上々。
kc05.jpg
ただ周りの方はちょっとスペインオムレツ風、真ん中はゆるいフラン(洋風茶碗蒸し)
のような感じでムラは出来ちゃいましたけど。
人に出すにはもう少し改良が要りますが、エコキッシュ実験としてはまぁ
成功でしょうか!
早く余震と原発問題が落ち着きますように。
使ったオイル:具を炒めるのにプロヴァンスのオリーブオイル
レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自己紹介
ema1911g-400

油売りエマ
美味しいものと美しいものが好き。
昔は美術品、今は油売ってます。
金田油店アドバイザー/油セミナー/ファスティング指導など
Instagram

さらに詳しく

油屋ごはん本になりました