平松洋子さんの本


『夜中にジャムを煮る』/ほぼ日刊イトイ新聞 -担当編集者は知っている。
おんなのひとりごはん/筑摩書房
平松洋子さん、好きです。美味しさと美に溢れています。
ぽろぽろと食のエッセイを読んでいると、はっと気づくことが多々あります。
潔くてかっこよくて、でも描写は丁寧でたおやか。
風味や情景、香り、歯触りまでも伝わってくる感じ。
どんなことを書いていても、根底には「おいしく食べたい!」が流れていて、
とてもお腹が空きます。
韓国、アジアをはじめ世界の食文化も自分のものにしていて、和食、日本の精神と
の違いの解説なども面白いのです。
読み進めると、そうね、そうよねと頷くことが多くても実際結構できていない、
分かっちゃいるけど省略している大切なことに気づかされます。
そして無性に手を使って料理がしたくなるのです。
「手で作るおいしさ」を再認識させてくれます。
cb01.jpg
という訳で帰宅するなり、キャベツを手でちぎってみました!!
芯のところもぼきっと。クレソンも。快感です。
リンゴは切りましたけど。
cb01a.jpg cb01b.jpg
レホール(西洋わさび)をおろし、アップルバルサミコと塩、EXVオリーブオイル
もったりさせてドレッシングに。
大きなボウルの中で必ず手で!野菜とドレッシングを和えます。
これだけ。
cb02.jpg
手で混ぜると、ちょっと少ないかしら?という量のドレッシングがきちんと
葉の一枚一枚に絡んで馴染みます。
いろんな形の野菜が生き生きして、とても美味しいのです。
cb02b.jpg
生地をこねたり、ごはんを結んだり、トマトを潰したり、青菜を揉んだり…。
手を使うこそ得られる美味しさがそこにあります。
手抜きしないようにしたいものです。
使ったオイル:オラベ オーガニックオリーブ油
レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ

Share on facebook
Share on twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

自己紹介
ema1911g-400

油売りエマ
美味しいものと美しいものが好き。
昔は美術品、今は油売ってます。
金田油店アドバイザー/油セミナー/ファスティング指導など
Instagram

さらに詳しく

油屋ごはん本になりました