ひんやり出汁ジュレに香りオイルを!

jr01.jpg
ひんやりとろとろのジュレ掛けは見た目も涼しげ、夏はおすすめです。
昆布と鰹を濃く引いた出汁に塩、醬油、味醂などで味付け。
混ぜるもの、のせるものに合わせ塩分は調整しましょう。
ここにゼラチンをゼリーを作るより緩めの量溶かして冷やし固めるだけ。
ふるふるのギリギリにしたいのに、緩すぎたり硬すぎたりしますが、
数回やればなんとなく掴めるはず。
大体水分の1%程度にすればいいと思います。
今回は板ゼラチンを使用、冷水に10分くらい浸けておき絞ってから使います。
混ぜたものは金糸瓜(そうめん南瓜)を茹でてほぐし、水気を絞ったものと枝豆。
想像より水気が出てちょっと緩くなったのでモッツァレラチーズにかけて、
とろみのある冷製スープ仕立てにしてみました。
仕上げには軽めのEXVオリーブオイルを。
jr02o.jpg
先日のパーティーの先付けには絹ごし豆腐にコーンと枝豆を混ぜた出汁ジュレを
かけてイクラを。人数に応じてタッパなどで作って混ぜてかけてもいいし、個別の
器で冷やし固めてもいいです。
いっぱい飲んで食べる前にちゅるんと入って胃にやさしい!
豆腐の代わりに茶碗蒸しや胡麻豆腐でもいいし、ウニやカニ肉など使って
贅沢版にもなりますよ。
仕上げにはちょびっと香りオイルを是非どうぞ。
和の山椒香味油もおすすめです。
使ったオイル:金田油店◆エクストラバージンオリーブ油
bn-oilday2016.jpg
レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ

Share on facebook
Share on twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自己紹介
ema1911g-400

油売りエマ
美味しいものと美しいものが好き。
昔は美術品、今は油売ってます。
金田油店アドバイザー/油セミナー/ファスティング指導など
Instagram

さらに詳しく

油屋ごはん本になりました