ぴーまんとろりチャーハン

hlw04.JPG
かんべあやこさんの「モリくんのあめふりぴーまんカー」という絵本があります。
それを読む度に、そこに出てくるピーマンチャーハンを今度作ってくれと息子に言われ続けて数ヶ月。。
わかった、日曜に作るか、となりました。
しかし日々お子さんと一緒に料理しているお母さん達を本当に尊敬します。
遅い、汚れる、危ない、そうじゃない、を大らかな気持ちで見守り導く余裕がないとなかなか難しいものです。
料理となるとつい、遊びじゃないから真剣にやれとか、食べ物で遊ぶななど自分でもえ、と思う態度になってしまいますがきっと多分平日だから。。
日曜はのんびりモードで出来るに違いない。
hlw06.JPG
3色のピーマンの皮を剥いて別々にピューレにしてチャーハンにします。
あぁ想像しただけで面倒(笑)。
丸ごと網焼きにしたいところですが、グリルに入らないので2分割。
皮剥きとミキサーにかけるところを一緒に作業。
料理って性格が出ますよね。あら結構几帳面なのねとか案外大雑把とか。。
hlw05.JPG
ピューレを加熱して苦味や青臭さを取るようです。
バターで玉葱とごはんを炒めておいてから投入。味付けはシンプルに塩胡椒なのですが、コショウは入れてくれるなとかうるさい。
きっとうちのコショウはいつも挽き立てて粒が大きめだから6歳には辛いようです。。
粉の白コショーを見てない内にそっと投入w
小さなボウルに三色チャーハンを詰めさせて完成。
そう言えばこのドーナツというかエンゼル型は持ってなかった。
hlw03.JPG
見た目は成功。
ただチャーハンだけではあれなので、、省略せずに言えばお酒のつまみに全くならないので!茹で野菜とオーブンに任せたバターナッツ南瓜にカリカリベーコン、カロチーノクラシック(レッドパーム油)で揚げたカレー風味のマッシュルームフライをそえたら…なんかハロウィンっぽくなりました。
hlw02.JPG
さて、ピーマン嫌い度は5段階評価★★★★から★★くらいになっていた息子。
美味しいと言ってました。ただ緑は皮剥き前の加熱が甘く全部きれいに剥けなかったので少し苦さが残っちゃいました。
それより嫌い度マックスのキノコが乗ってる時点で大騒ぎ。
頑張って1個食べてました。フライ美味しいのになー。
という訳で絵本ごはんでした。
使ったオイル:カロチーノ クラシック

レストランレシピブログランキングへ ビールおつまみ ブログ村へ 金田油店へ

Share on facebook
Share on twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自己紹介
ema1911g-400

油売りエマ
美味しいものと美しいものが好き。
昔は美術品、今は油売ってます。
金田油店アドバイザー/油セミナー/ファスティング指導など
Instagram

さらに詳しく

油屋ごはん本になりました