シャラン産鴨ロースとワンスプーン前菜

ワインP
映画、美術館、本、鴨にワイン好きと共通点の多い友人Kちゃんと
家飲みDVD鑑賞会。(見たのはホリデイパフューム
もちろんメインは鴨ロースト。
今回はシャラン鴨を取り寄せましたが、柔らかさが違います!
ゆっくり解凍して皮目に格子の切れ目を入れ塩胡椒して両面焼き、
ホイルで包んで寝かせてスライスするだけ。
ソースはベリーかオレンジが迷った挙句、両方ブレンド(笑。
バルサミコ、赤ワイン、3種のベリージャムにオレンジの搾り汁と皮少々、
クローブ、麺つゆ、ブランデーを味見しながら煮詰め、少々のバターと小麦粉でとろみ付け。
鴨は皮の方をじっくり焼くと凄い量の脂が出て、それを取りながら
パリッと焼くと芳ばしくて美味しいです。
甘酸っぱいソースに野性味溢れるジューシーで芳ばしい鴨。
あー秋って素晴らしい。
その他鴨についての記事はこちら
鴨
鴨ロースト
あとはお決まりのパン、チーズ、オリーブ、トマトペースト。
簡単なカブのサラダとキノコのホットサラダ。
ちりめん山椒のコロッケは後日紹介。
あと前菜のマイブーム、ワンスプーン!昔テレビでやってましたっけ。
ピンチョスやカナッペのように組み合わせを考えるのが面白い。
「一緒に食べた時の味」を想像する必要があるのと、食べやすさも
考えてスプーンに配置するという結構奥深いものがあります。
見た目の美しさや食感、各食材の量のバランスなど、、
これ頻繁にやってると何かの訓練になりそう。
今回は生姜を利かせた濃いチキンスープにトマトジュース、豆乳を
あわせ寒天でジュレ状にしたソースの上に、黒むつのカルパッチョ
(塩x酢橘xオリーブ油)を巻いてのせ、卵黄の味噌漬けをトッピング
して浅葱を散らしました。(わー面倒くさい!でも楽しい)
味噌x醤油x酒xコチュジャンを合わせたものを小さな器に
入れ、キッチンペーパーごしに卵黄を埋めると一晩でも美味しい酒のあてに。
ワンスプーンバリエーション、増やして行きたいです。
しかし黒むつのお刺身って美味しいものですね。
スプーンズ ワンスプーン
レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ

Share on facebook
Share on twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自己紹介
ema1911g-400

油売りエマ
美味しいものと美しいものが好き。
昔は美術品、今は油売ってます。
金田油店アドバイザー/油セミナー/ファスティング指導など
Instagram

さらに詳しく

油屋ごはん本になりました