ジャーマンな食卓

洗濯も掃除も終えた休日。すごーく寒いので買物にも出たくない。
幸いお酒のストックはあるので、温かいお部屋で冷えたビールを飲むのだ。
ビールに合う美味しいもの、何かないかしら。
冷蔵庫と冷凍庫をごそごそ。
いつぞやホワイトアスパラとセットで買ったニュールンベルグソーセージ発見。
コーヒー豆を入れる為の瓶欲しさで買ったけど減っていないザワークラウトの瓶も!

煮込みましょう。ちょっとレシピを検索したらジュニパーベリーも入れるとある。
何と、あります!
水気を絞ったザワークラウトとソーセージ、スライスオニオンを鍋に入れ、
スープストック、ローリエ、ジュニパーベリーを加えコトコト4、50分煮込むだけ。
塩・胡椒で味を整えて。
ベーコンの塊やじゃが芋もお好みでどうぞ。
ソーセージはパリッと焼いてから後で入れるのも美味しそう。
ザワークラウト
ザワークラウトソーセージにポテトも入れようかと思った時、何かを思い出しました。
そう、井上絵美さんの本の巻末に「アンチョビポテト→ワイン→チーズ」
の至福の繰り返しについて書いてあって、あ、それ私もやりたいと思っていたことを。
あーあの本会社に置いてきた!
でも大丈夫、残像によれば確かアンチョビ、ポテト、にんにくとシンプルな感じでしたもの。
千切りポテトは水に晒したら水気を拭いて、オリーブオイルで炒め微塵切りの
ガーリックとアンチョビを加えよく混ぜるだけ。
仕上げにちょっぴりお酢を掛けて煽るとさっぱり美味しい。(これは自己流)
途中で味を見てアンチョビ追加しました。
アンチョビポテト
しめしめ、チーズとオリーブもセットしたし、マスタードも2種類出して。
これでビールに合うジャーマンな食事に。
アンチョビ、チーズ、オリーブでワインへの移行もスムーズ(笑
ジャーマンディナー
発酵キャベツの旨みでソーセージもさっぱり。煮込んだジュニパーベリーも美味。
シンプルだけど深い味わいのアンチョビポテトも最高。
ソーセージ→ビール→キャベツ→ポテト→ビール→チーズ→オリーブ→ワイン…
そんな引きこもりの休日でした。
ぴかぴか(新しい)井上絵美さんの書籍「おいしい近道」・当店の油も紹介されました!
使ったオイル:ソーラーロメロオリーブオイル
レストランレシピブログランキングへ ひらめき人気blogランキングへ ビール料理ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

自己紹介
ema1911g-400

油売りエマ
美味しいものと美しいものが好き。
昔は美術品、今は油売ってます。
金田油店アドバイザー/油セミナー/ファスティング指導など
Instagram

さらに詳しく

油屋ごはん本になりました